MAZDA2

安全性能

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。

SAFTY 1.

前方車・歩行者を検知

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
*夜間歩行者検知機能付*1*2*3

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポート。また、夜間の歩行者検知精度の向上を図りました。
●対象が前方車:約4km/h以上
●対象が前方車:約4~80km/h
●対象が歩行者:約10~80km/h
(標準装備:全車)

SAFTY 2.

夜間でも安全運転に必要な視認性を確保

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)*2*4

夜間走行時に先行車や対向車の状況をクルマが判断。ヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させるシステムです。
※市街地走行時や外部の照明環境、走行スピードなどにより、機能が一部制限されます。
(標準装備:15S L Package、XD L Package)
(メーカーセットオプション:15S PROACTIVE、15S PROACTIVE S Package、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Package)

SAFTY 3.

車線逸脱を制御、車線に沿った走行をアシスト

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)*2*5

約60km/h以上で走行中、車線逸脱を防ぐためにステアリングをアシストする「逸脱回避支援(遅い)」、または、車線の中央やカーブに沿って走るようアシストする「ライントレース(早い)」の機能が選べます。
(標準装備:XD L Package)
(メーカーセットオプション:15S PROACTIVE、15S PROACTIVE S Package、15S L Package、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Package)

SAFTY 4.

車間距離を一定間隔で保つ

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
[全車速追従機能付]*停車保持機能無し*2*3

ミリ波レーダーで先行車との速度差や車間距離を計測してエンジンとブレーキをコントロールし、設定した車間距離を保つよう自動で車速を調整するシステム。
●AT車:0km/hから高速域まで追従走行できます。追従走行中に先行車が停止すると自車も減速して停止。再発進はドライバーの操作で行い、再発進後は自動で先行車の速度に合わせて加速します。
●MT車:約30km/h~高速域まで、先行車との車間を維持しながら追従走行を可能にします。
※AT車の全車速追従機能には、停車保持機能はありません。停止時にはドライバーによるブレーキ操作が必要となります。
標準装備:XD L Package
メーカーセットオプション:15S PROACTIVE、15S PROACTIVE S Package、15S L Package、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Package

*1.対象物(特殊な外観をした車両、部分的に見えている、隠れている、もしくは背景に溶け込んでいる車両と歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路、夜間や夕暮れなど視界の悪い時など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。*2.アドバンストSCBS、ALH、LAS、MRCCは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。*3.対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。*4.周囲に光源があるとき(街灯・信号機など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い・起伏が激しいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。システムを過信せず、つねに周囲の状況に注意して、必要に応じて上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)を切り替えるなど安全運転を心がけてください。*5.天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

MAZDA2の魅力

関東マツダ
公式facebook

関東マツダ
公式Instagram

MAZDA DOGS
公式Instagram